遺品整理について

遺された者にとって、どのように扱ったらいいかわからない著名な故人の「遺品(遺された品)」について、諸々調べてみました。

fiagirl
案内人

以下の構成で順に読んでいけば「遺品整理」を理解しながら、「遺された品」に対して遺族がやるべきこと、やりたいことがわかるようになります。

故人の遺した品が「世の中にとって大切な品なのかもしれない」という意識が遺族に芽生え、遺品整理のゴタゴタに紛れて処分されてしまわずに適切な場所に保存され、無理なく次世代に継承されるようなお手伝いがしたいと願っています。

4つの軸。 スタート(理解へ)「遺品整理」 → ホップ(権利放棄・寄贈する方法)「遺品寄贈」→ ステップ(権利所持・デジタル公開の方法)「デジタルデータ蓄積」「デジタル復刊」→ ジャンプ(権利所持・アナログ公開の方法)「記念館」「アナログ復刊」

スタート:(理解へ)「遺品整理」

ここでは「遺品整理」とは何なのか、様々な角度から知ることができます。

STEP1:「遺品整理」とはどういうものか概念を知る

初めに「遺品整理」の一般的な意味を知りましょう。

まずは様々な観点から意味を理解することで、漠然とした「遺品整理」がどんなものかがわかってきます。


次に、「遺品整理」を業者に頼む利点と欠点を理解していきましょう。

STEP2:「遺品整理」を業者に頼むメリット・デメリット

ここでは「遺品整理」の大切さ、業者に対する不安感や事実などを通して、さらに理解を深めていきます。


次に、「遺品整理」に際して先人達、先輩達の体験談を知ることで、お手本にしていきましょう。

STEP3:先人の体験から学ぶ


STEP4:「遺品整理」を実践する


関連商品3撰

遺品整理の入門本です (クリックするとAmazon商品ページへ飛びます)