遺品整理について 公開日:2021/02/03 | 更新日:2021/02/20

【遺品整理】を外注する|代行業者の選び方を調べてまとめてみました

70girl
70代女性

あまりに大変なので「遺品整理」を外注して全部まかせてしまおうかと考えているんです。

fiaboy
案内人

遺品整理は一人で抱え込まないほうがいいですね。外部の業者にまかせる際に気をつけるべきいくつかのポイントをお話します。

「遺品整理」が大変なので外注したいのだけど選び方がわからないと悩んでいる方もいるのでは…と思い、今回は

「遺品整理」を外注する際の注意点

をまとめてみました。

「遺品整理」が大変で外部の業者に頼みたいけれど、どこを選んだらいいかわからないし、なんだか怖いと悩んでいる方に読んでいただきたい記事です。

遺品整理は怖くない

ほとんどの人にとって初めての慣れない体験になる「遺品整理」。

しかも父親や夫、あるいは母親のような、それまで家の一切を取り仕切っていた大黒柱のような存在が亡くなった後の場合、混乱はより一層強いでしょう。そのような方が亡くなってまもない状態で始めなければならないのが「遺品整理」なのです。

そこだけ考えると恐怖でしかない「遺品整理」ですが、注意点さえ守れば、今まで見過ごしていた大切な物に出会え、自分の出自や故人の存在価値を確固たるものにできる、またとないチャンスとなります。

遺品整理をする際の注意点

その1「人まかせにしない」

遺品整理は大変な作業なので、一人で抱え込まずに周りの人の助けを借りながら行うべきものなのですが、そうはいっても全く人まかせにするのはオススメしません。

自分で遺品を整理しないと、

・心の整理をするチャンスを逃す
・大切な遺品を誰かに取られてしまうかもしれない
・余計な出費がかかる

からです。

できれば悲しみにくれる状態になる前に信頼でき頼れる人や業者を見つけておくべきですが、もしまだ見つけていない状態で一人で抱え込んで悩んでいる場合は、自分に合った信頼できるサービスを自分の力で見つけるようにしましょう

その2「自分に合った信頼できるサービスを見つける」

誰かがいいと言ったからとか、ネットで評判が良かったからというのも大事な指標になりますが、本当に大切なのはそのサービスが自分に合っているかです。

例えば、把握作業や整理作業が得意な人で遺品供養をする必要がないのに遺品整理業者に頼んでしまうと割高になってしまいます。そんな時は粗大ゴミ回収やリサイクルショップだけで済みます。「遺品整理」をしなくてはいけないからと、いきなり何でも「遺品整理業者」とは考えないように注意してください。

簡易ですが、それぞれのタイプに合った業者を紹介します。

動揺して整理が進まない人 → 整理収納アドバイザー
高価な遺品がある人 → 骨董品買取業者
整理が得意 or 得意な人がいる人 → リサイクルショップ
安く済ませたい人 → 不用品回収業者
遺品供養がしたい人 → お寺や神社
早く済ませたい人 → 遺品整理業者

相場など、さらに詳しく各業者のことが知りたい方は、以下をご覧ください。

「遺品整理」における料金の相場は?

その3「大事かもしれない遺品をあわてて仕分けしない」

もし重要かもしれない遺品がある場合、自分一人の判断や専門家ではないアドバイザーの判断だけで仕分けしようとしないほうがいいです。

できれば本当の不用品が片付くまで下に掲載してあるような「トランクルーム」に一度預けておくことをオススメします。

その4「自分が興味がない物でも興味がある人がどこかにいると心得る」

故人が集めたコレクションや著名な故人の遺品など、自分は全く興味がなく邪魔なので不用品として捨ててしまおうと考える前に、是非世の中にこのコレクションを必要としてくれる人がいるかもしれないと考えていただきたいです。

きちんとした場所に寄贈すれば、その業界の宝として感謝され、次世代に正しい形で伝わることもあるのです。

そのことについては後日別記事にしてまとめます。

専門業者の選び方

各業者に対し、どこを選ぶかは

・できれば信頼できる知り合いがすすめる業者
・誰も知らなければネットで口コミが多く評価の高い業者
家に近い業者
全国展開している業者
老舗業者

などであることがポイントです。

次からは各業者別に選び方をまとめていきます。

整理収納アドバイザー

エキテン

店舗口コミサイト「エキテン」では「ハウスクリーニング」で検索できます。例:大田区+ハウスクリーニング+口コミ多い順
※ ただし「エキテン」は口コミ投稿でお金稼ぎができるシステムなようなので、そこまで信用しきらないように注意してください。

くらしのマーケット

プロの整理収納アドバイザーが多数登録しており、全国で検索できるので自分に合った人を見つけやすいかと思います。基本スポット契約なのも遺品整理では嬉しい点です。

タスカジ

こちらは定期契約が主ではありますが、スポット契約もできます。
例:整理収納+口コミ+口コミ多い順

プロの整理収納アドバイザーに見てもらうメリットとしては、後々まで整頓された部屋になるコツを教えてもらえることです。

骨董品買取業者

買取Piece

【買取Piece】は骨董・贈答品の高額買取サービスです。独自のルートで古かったり他店で買取を断られた骨董・贈答品も高額買取をおこなってくれるようです。手数料・キャンセル料一切かからず完全無料で来てくれるそうなので遺品整理で骨董・贈答品処分を検討している方、他で買取を断られた方などは一度利用してみてはいかがでしょうか。
※ 日本全国OK

ギャラリーレア

【ギャラリーレア】は1979年の創業以来、ハイブランドのリサイクルにこだわり続けている買取・販売専門店です。引取りの際に箱詰めをすればそのまま集荷完了となります。送料、キャンセル料、査定も無料となっているので、ブランド品の遺品をお持ちで手放したい方は一度査定をしてもらってはいかがでしょうか

リサイクルショップ

いーあきんど

【いーあきんど】 は本・DVD・ゲーム・レゴ・フィギュア・ホビー等の買取を強化中で不要になったモノはジャンル問わずまとめて一括査定してくれます。都合の良い時に商品を送るだけで送料や手数料は無料なので、じっくり遺品の仕分けができない、必要なものはほとんどないので一気にまとめて整理したいという時にオススメです。

ファイブニーズ

【ファイブニーズ】はユニークな、お酒買取の専門店です。故人がお酒のコレクターだった場合には、他で処分するよりも是非一度こちらで査定してもらうといいかと思います。

バイクランド

【バイクランド】はバイク専門買取サービスです。故人がバイクを所持しており、誰も乗る人がいない等で手放したい場合によいサービスかと思います。

リコマース

【リコマース】 はAmazonアカウントで利用できるちょっと変わった宅配買取サービスです。アマゾンで販売されている様々な商品を自宅に居ながら買取に出せます

マカセル

【マカセル】 はフリマなどでの"出品が面倒な人"と"出品経験が豊富なプロ"をつなぐ日本初の出品代行マッチングサービスです。単にリサイクルするのではなく、フリマでの売買を通して"必要とする誰かに届く"というメリットがあります。

ブックオフの宅配買取

【ブックオフのネット宅配買取サービス】 は、ブックオフの公式宅配買取サービスです。不要な古本・CD・DVD・ゲームを箱に詰めて送るだけの買取サービスで、簡単な申し込みのみで自宅まで集荷してくれ、送料・手数料は0円です。該当する遺品がある場合は利用してみるといいかもしれません。

もったいない本舗

【もったいない本舗】は古本・CD・DVD買取サイトです。遺品整理で出てくる不要品を買い取ってもらうことができます。集荷依頼をすることで段ボールと送料無料で不要品を売ることができるので、たくさんある場合は申し込んでみてはいかがでしょうか。

TOY's KING

【トイズキング】 は玩具専門店で、特にホビー関連商品を得意としていますが、楽器やDVD用品なども取り扱っており、故人の趣味の品を一気に片付けたい方におすすめです。プロの専門バイヤーが査定してくれるので、コレクターアイテムの遺品をどうしたらいいかわからないという際の買取でも安心です。日本全国に対応しています。

不用品回収業者

エコノバ

【エコノバ】 は全国にある不用品・廃品・粗大ゴミのおかたづけ専門業者をまとめて紹介してくれるサイトです。近隣エリアで「遺品整理」の得意な業者といった探し方ができるのが便利です。複数業者を見ることができるので、近くにどんな業者があるのかを知ることができます。
※ 全国検索可

片付け隊

【片付け隊】は不用品買取&回収サービスです。遺品整理・生前整理やゴミ屋敷・お家片付け、リサイクル品の出張買取&回収などにも対応してくれます。とにかく部屋を片付けたいという方に便利なサービスです。関東地区限定ではありますが、その他地域でも回収の手伝いが可能な場合があるそうなので、遺品整理で悩んだ際はまずは気軽にwebからの新規訪問見積りをしてみるのもいいかもしれません。
※ 東京・神奈川・千葉・埼玉周辺

オールサポート

【オールサポート】 は業界最安値宣言をしている回収業者。買取もしてくれ、リサイクルショップに頼む手間がかからず便利です。
※ 関西地区限定

お寺や神社

遺品供養をしてくれるお寺を探したい場合は、google mapで「遺品供養 寺」などとすると現在地から近い場所を探して表示してくれます。

神社も同様に「遺品供養 神社」とすると出てきます。

遺品整理業者に頼むと、遺品供養も同時に行ってくれる業者もあるので重ならないように注意しましょう。

お坊さんの輪

遺品ではなく部屋自体に何かあり、お坊さんに来てお経をあげていただきたいという場合は【お坊さんの輪】というサービスもあります。

みんなのお焚き上げ
みんなのお焚き上げ

【みんなのお焚き上げ】は、箱に「詰めて送るだけ」で感謝とともにきちんと手放せるサービスです。「想いが込もって捨てるに捨てられないモノ」を手軽にきちんと処分することができます。

遺品整理業者

みんなの遺品整理

【みんなの遺品整理】は遺品整理業者の一括見積もり・検索サイトです。どの遺品整理業者に頼んだらいいか困っている方に最適な業者を紹介してくれます。 全国220社以上の業者から無料で一括で見積もり依頼ができるので、迷っている方はこちらに相談してみるといいかもしれません。

ザ・ベストクリーン

【ザ・ベストクリーン】遺品整理・生前整理・ゴミ屋敷清掃を専門としたサービスです。
※ 愛知県、岐阜県限定

その他便利なサービス

エアトランク

【エアトランク】 必要な時だけ無料で玄関まで届けてくれる全く新しい宅配型のトランクルームです。エアトランクの倉庫は最高基準での環境で安心かつ安全に保管してくれるので、遺品整理をしたいけれど、保管しておく場所がないという時に便利なサービスです。

遺骨相談.com

一風変わったサービスですが、必要な人にとっては貴重なサービスではないでしょうか。【遺骨相談.com】は遺骨が家にあって困っているという人のためのサービスです。お寺や霊園などに遺骨を送り、納骨してもらう新しい供養法で、生前の宗旨・宗派に関係なく利用することができます。

ミキワの散骨サービス

【ミキワの散骨サービス】は粉骨した遺骨を遺族に代わり東京湾沖にて代理散骨してくれるサービスです。散骨とは葬送のひとつでお墓を購入する費用がかからず、またお墓を管理する必要がないため年々利用者が増えています。お墓が管理できず、遺骨の置き場所に困っている方は選択肢の一つとして考えてもいいかと思います。ペットもOKとのこと。


fiaboy
案内人

様々なプロのサービスの中から自分に合ったサービスを見つけてください。

まとめ

いかがでしたか?今回は、

「遺品整理」を外注する際の注意点

をまとめました。

いまは便利なサービスがたくさんありますが、気をつけないと余計な出費だったり、大事な遺品が買いたたかれたりしてしまいますので、よく調べてから利用することをオススメします。

この記事があなたの「遺品整理」のお役に立てたら嬉しいです。

関連商品3撰

遺品整理士に関する本や遺骨を入れるアクセサリーです (クリックするとAmazon商品ページへ飛びます)

インタビュー 一覧

008 平洲記念館
007 たばこと塩の博物館
006 下町風俗資料館
005 世田谷文学館
004 東京メガネミュージアム
003 蘆花記念館
002 川崎市平和館
001 世田谷区立 平和資料館

ミュージアム 一覧

001 国立科学博物館

遺品整理について 一覧

023 遺品整理のコツを専門家の話からまとめてみました
022 【遺品整理】整理しなくてはいけない物が多くて悩んでいる人向け
021 悲しくて【遺品整理】が進まないあなたに|整理の進め方の注意点
020 【遺品整理】捨てられないもの、捨ててはいけないものを把握しておく
019 【遺品整理】自分でやりたいと考えている人に|自力でやる方法を調査
018 どうする「遺品整理」のやり方|整理する流れの順番・方法の手順
017 【遺品整理】整理に関して補助金はあるの?|行政に相談してみました
016 【遺品整理】役所・古物商・弁護士・税理士に頼んだらどうなる?
015 遺品整理のトラブル|遺言や権利でもめるなどで悩んでいる人向け
014 【遺品整理】費用や相続税、税金問題で財産放棄すべきか悩む人向け
013 【遺品整理】有名人の夫・父親から遺品を相続した人の遺品整理体験談
012 【遺品整理】芸能人・有名人・歴史のある財産の整理は誰がやる?
011 遺品整理|判断に困ったときや不要物を処理してほしい等よくある質問
010 「遺品整理士」ってどんな業者?|仕事や会社についての悩みを解決
009 知っておきたい「遺品整理士」とは|どんな仕事?認定・資格は?
008 遺品整理士認定協会|気になる協会についてどんな団体か調べました
007 「遺品整理」に類する業界・業種・資格のある業者について調べました
006 【遺品整理】を外注する|代行業者の選び方を調べてまとめてみました
005 【遺品整理】何から手をつけていいかわからない|できないと悩む人に
004 「遺品整理」における料金の相場は?|費用・値段の悩みあれこれ
003 【遺品整理】タイミングはいつから?|生前・四十九日など時期を知る
002 「遺品整理」の類語|片付けや手伝いなどの類義語・別名を調べました
001 知っておきたい「遺品整理」とは概要|どこからどこまで片づける?