遺品整理について 公開日:2021/01/27 | 更新日:2021/02/20

知っておきたい「遺品整理」とは概要|どこからどこまで片づける?

40girl
40代女性

ある分野で著名だった父親が亡くなったのですが、何を捨ててよくて、何を捨てたらいけないのか、その道の専門家じゃないからさっぱりわからなくて困っています。

fiaboy
案内人

そんな時に知っておきたい「遺品整理」の概要をお話します。わからないからと業者に丸投げしたり、慌てて処分するのはやめましょう。

「遺品整理」って何をどうしたらわからないと悩んでいる方もいるのでは…と思い、今回は

知っておきたい「遺品整理」の概要

をまとめてみました。

「遺品整理」をしなくてはいけないけれど、どうしたらいいかわからないと悩んでいる方に読んでいただきたい記事です。

遺品整理とは

まず「遺品整理」とは、

親族や身内が亡くなったとき、その人が生前に使っていたものを整理すること

です。

一般的には「単にモノを片付けて整理すること」「昔の思い出や感情にもしっかりと向き合って心の整理をすること」なのですが、さらにいうと「後世に遺す価値を見極めて、適切に遺す作業」にもなるのです。

次に「遺品」と「整理」とに分けて考えてみましょう。

遺品とは

「遺品」とは、

・故人が所有していた物
・故人の身の回りのものや日常的に使っていたもの
・故人にまつわる持ち運べるもの全般

など、その人にゆかりのある全てのものを指します。

遺品の「遺」には死後に遺す、「品」には持ち運びできるという意味があり、生前の品は「遺品」とは呼ばず、持ち運びできないもの(故人の思想など)も「遺品」とは呼びません。

逆にいうと、故人にまつわる持ち運びできるもの全般は「遺品」なので、肉体の一部である髪の毛も「遺品」と呼びます。

その他スマホ・パソコンなどの電子機器から、お札・時計・刀などの骨董品まで「遺品」には様々な種類があります。

整理とは

「整理」とは、

・乱れた状態のものを整えて、きれいにすること
・いるものといらないものを分け、いらないものを処分する

という意味があります。

整理の「整」には乱れたものをきちんとする、「理」にはものごとの筋道という意味があります。つまり「理」=筋道に沿うように「整」=きちんとするのが「整理」なのです。

遺品整理の概要

「遺品整理」は、主に以下の手順で行われます。

「遺品整理」の概要

  1. 遺品をまとめる(把握作業)
  2. その中から必要な品と売れる品と不要な品を判別する(整理作業)
  3. 不要な品を処分業者に頼んで処理してもらう(処分作業)
  4. 売れる品を買取業者に頼んで買い取ってもらう(買取作業)
  5. 必要な品を形見分けしたり、保管整頓する(整頓作業)

実際には整理や処分作業だけではなく、把握や買取、整頓作業まで含めて「遺品整理」となることがわかるかと思います。

どこからどこまで片づける?

遺品を整理する場合、①の把握作業に際し、どこから手をつけてどこまでやればいいのだろう?そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。

遺品整理の基本は、ともかく家の中の遺品を全て整理することです。

マンションやアパートなど賃貸の場合は、借りた時の状態に戻すことが大前提になります。

一区切りつくのは、故人の遺品をすべてチェックして、捨てるものと捨てないものを把握し終わった辺りかと思います。

あまりに量が多く、急を要して大変な場合は、それらの作業を専門でおこなってくれる「遺品整理業者」に頼むのも必要かもしれません。

ただ問題は「いつ、遺産整理業者に頼むか?」です。きちんと遺品を見ずに最初から頼むことはお勧めしません。

遺品整理の意味

「遺品整理」は故人が亡くなってから行われるために、遺された者にとってはどうしてもつらい作業になりがちです。

故人の遺品を整理していく作業は、故人が生きていた証となるものとあらためて向き合うことになるため、再び悲しみや寂しさに包まれてしまうからです。しかし遺品をそのままの状態で残しておくと、見るたびに故人の思い出がよみがえり、それはそれでつらいものです。

さらにいうと逆に、故人の遺品に全く興味がなく、どこに価値があるのかも理解できず、場所をとって邪魔だから早くなんとかしたいと思う方もいるかもしれません。

「遺品整理」をしなくてはいけないけれど、どうしたらいいかわからないと悩んでいる方へ

作業をするのはつらいし、いつまでも遺品があるのも嫌。だからといって、遺品にきちんと向き合わずに遺品整理業者に作業を丸投げしてはいけません。

その理由は以下になります。

「遺品整理」の意味

  1. 故人の遺品を自らの手で整理し、丁寧に仕分けていくことで気持ちの整理につながるから
  2. 真に価値のあるものを見分けるのは業者ではできないから

特に②は、故人が何かしらの分野で業績のあった方、著名な人物だった際に重要な意味があります。

例えば故人が著名な作家だった場合、執筆アイデアの走り書きメモは文学館に保管しておく価値があるかもしれないですが、業者にとっては単なるゴミと判断されてしまうかもしれません。

例えば故人がデジタル界のカリスマ的存在だった場合、その人が遺したデジタルデータは貴重なものですが、あっさり消去され廃棄されてしまうかもしれません。

その命運を握っているのは、遺された者である、あなたなのです

あなたがはっきり価値を見出さないと、業者には判断ができません。

なにも遺品すべてを抱え込んで、故人のため、故人のファンのために墓守のような人生を送りましょうと薦めているわけではありません。

そのための「遺品整理」なのです。

手元で管理したい人にはその方法を、苦労なく適切な場所に遺品を寄贈したい人にはその方法をこのサイトでお伝えしていきたいと思っています。

まとめ

いかがでしたか?今回は、

知っておきたい「遺品整理」の概要

についてまとめました。

いきなり業者に頼むのではなく、まず自ら「遺品整理」に関わることの大切さに気づいていただけたかと思います。

この記事があなたの「遺品整理」のお役に立てたら嬉しいです。

関連商品3撰

遺品整理の入門本です (クリックするとAmazon商品ページへ飛びます)

インタビュー 一覧

008 平洲記念館
007 たばこと塩の博物館
006 下町風俗資料館
005 世田谷文学館
004 東京メガネミュージアム
003 蘆花記念館
002 川崎市平和館
001 世田谷区立 平和資料館

ミュージアム 一覧

001 国立科学博物館

遺品整理について 一覧

023 遺品整理のコツを専門家の話からまとめてみました
022 【遺品整理】整理しなくてはいけない物が多くて悩んでいる人向け
021 悲しくて【遺品整理】が進まないあなたに|整理の進め方の注意点
020 【遺品整理】捨てられないもの、捨ててはいけないものを把握しておく
019 【遺品整理】自分でやりたいと考えている人に|自力でやる方法を調査
018 どうする「遺品整理」のやり方|整理する流れの順番・方法の手順
017 【遺品整理】整理に関して補助金はあるの?|行政に相談してみました
016 【遺品整理】役所・古物商・弁護士・税理士に頼んだらどうなる?
015 遺品整理のトラブル|遺言や権利でもめるなどで悩んでいる人向け
014 【遺品整理】費用や相続税、税金問題で財産放棄すべきか悩む人向け
013 【遺品整理】有名人の夫・父親から遺品を相続した人の遺品整理体験談
012 【遺品整理】芸能人・有名人・歴史のある財産の整理は誰がやる?
011 遺品整理|判断に困ったときや不要物を処理してほしい等よくある質問
010 「遺品整理士」ってどんな業者?|仕事や会社についての悩みを解決
009 知っておきたい「遺品整理士」とは|どんな仕事?認定・資格は?
008 遺品整理士認定協会|気になる協会についてどんな団体か調べました
007 「遺品整理」に類する業界・業種・資格のある業者について調べました
006 【遺品整理】を外注する|代行業者の選び方を調べてまとめてみました
005 【遺品整理】何から手をつけていいかわからない|できないと悩む人に
004 「遺品整理」における料金の相場は?|費用・値段の悩みあれこれ
003 【遺品整理】タイミングはいつから?|生前・四十九日など時期を知る
002 「遺品整理」の類語|片付けや手伝いなどの類義語・別名を調べました
001 知っておきたい「遺品整理」とは概要|どこからどこまで片づける?