公開日 : 2018/04/15 | 更新日 : 2018/04/27

2018/04/13 ぐるっとパス2018を購入!

今年は個人記念館巡りをたくさんしようと思っていたところ、都内には「ぐるっとパス」というものがあると知り、4月から購入できるとのことだったので買ってみました

つい、悪い癖で、2ヶ月で完璧に92施設の全てを巡るツアーを考えたくなる衝動にかられるのですが、今回の主目的はあくまでも「個人記念館」(プラス、子供たちが喜びそうな施設巡り 😎 )。

なぜ個人記念館にそこまでこだわるかというと。

以前から記念館を見るのはすごく好きではあったのですが、単に知らない世界を見るのが好きなだけで、あまり自分と結びつけて考えたことはなかったんですね。

でも、昨年、一昨年と、父の業績のまとめをし、父の縁のあった方々とお話したり、後継者と言われる方々と知り合う機会が増え、自分がはじめて「木原信敏の娘」、つまり権利継承者の一人であり、二世なんだと意識することになり、その目線から記念館に興味を持ったのです。

我が家には、父に関する資料、日本初の技術開発研究の際の資料や試作品、メモなどがあります。

でも、母も兄達も私も、きっとすごく大事な物なのだろうなとは思いながらも、そこまで父の業績に興味がなく(失礼💦)、というよりも、自分達の今を生きるのに興味がある人達ばかりで、過去をまとめたり、人に見せたりする人がいなかったのです。

我が家の中で言うと、整理したり見せたりするのが得意で好きなのは私なのかなと、ようやく最近気づきまして、できることをしていこうと思い、あらためて、日本中に存在する個人記念館を参考にしたいと思うようになりました。

個人記念館は、都道府県や区の管轄のことも多いのですが、親族が経営している場所も結構あります。

個人記念館に関して、東京都に相談したら、統計をとっていないといわれ、どのくらい存在するのかなどを、きちんとまとめたサイトや機関が存在しないというのも、今回初めて知りました。

そこで、まず「ぐるっとパス 2018」にある施設からすすめていくことにしました。

ぐるっとパス 2018(外部サイト)

パスの対象は大規模な施設が多いのですが、行きたい場所をまとめていこうかなと思っています。

これから2カ月、巡りまくりたいと思います