公開日 : 2018/05/09 | 更新日 : 2018/08/05

いま!の2018年ゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィークは、平日をはさんで前半と後半にわかれていたので、前半は家でのんびり、後半は長野にある別宅でのんびり過ごしました。

途中、平日の火曜日に「ぐるっとパス」を利用して美術館に行ったものの、バスの連携が悪くて非常に行きにくく、ようやく着いたら祝日の次の日ということで休館という残念な結果に終わり、やっぱりゴールデンウィーク中はのんびり過ごすべきだなと思いました。

さて、今年のゴールデンウィークは、たんにのんびり過ごすだけではなく、個人的に非常に重要なミッションをもって挑みました。

それは、「いま」を常に意識すること。

以前から、気づくと余計なことを考えているなぁとは思っていたのですが、この無駄な習慣を根絶させたいと、この1週間、集中的に意識して「いま」にいるようにしました。

これ、簡単なようでいて、非常に難しい。

― 気づくと他の事に意識がいっている。

だけど、難しいようで簡単。

― 余計な器具も何もいらず、気づくだけで「いま」になれるので。

はたからみると、なんにもしていないようでいて、ずーっとミッションをこなしていました笑

なぜ「いま」?

私は昔から、空想シミュレーションをするのが大好きで、起きた出来事やこれから起きる出来事に関して、何パターンも「もしもこうだったら」を考え続けていました。

ただ、これをしている最中は全く「いま」にいなくて、過去か未来か、存在しないどこかに気持ちが飛んでいっているということに、ようやく最近気付いたのです。

これがどういうことかというと、せっかく今、いろいろやっているのに、実はうわのそらで、振り返ってみると、一日のうちに、現実世界にいたのは数時間、みたいなことになっていたのです。

ただでさえ時間がないというのに、なんと無駄な癖!

そこで、その癖を根絶するべくこの1週間、リハビリに励むことにしたというわけです。

同じ理由で、手持無沙汰になると今までおもむろにスマホでニュースを見ていたのですが、それも結局、見ている時間は他人の人生を追体験しているだけだし、さらに見終えてもしばらくの間ニュースのことを考えていたりしていることに気づき、一切絶つことにしました。

「いま」を意識しないとき、するとき

そんなこんなでゴールデンウィーク中は、自分で細かく予定を決めずに、その場のノリで動くようにしました。

そうすると、どう良いことがあるかというと、まず、思い通りにならなくても、まったく焦らない笑

いままでは、予定通りにいくためのシミュレーションを何パターンも用意して、遊んでいる最中も常に次のことを考えていました。

それをやめて「遊んでいる、いま」に集中してみる。

相手を見る。話を聞く。

当たり前なんだけれども、今までは、見ているよう、聞いているようで、他のことを考えていたので、やってみるとなかなか難しい。

でも面白い。

これに慣れると、さらにどう良いことがあるかというと、過去や未来や他人の思いに振り回されなくなる。

これは、なかなか根深いので、すぐにできるようになるとはいかないし、できたかなと思っても、気圧が低かったり雨だったりすると突然わけもわからず不安にさいなまれたり、夢でいろんな嫌な思いがふってきて眠れなくなったりと、長年の癖による嫌がらせが続くのですが、常にいまにいる訓練をして、徐々に完治していきたいと思います。

今までどうやっても自分らしさを発揮できなかった私が、これから急に本領発揮するようになったら、それは「いま」にいられるようになったからと言い切れますので、実験結果がどうなるか、どうぞお楽しみに!